Yukix-Weblog

気まぐれな雑記・駄文。だいたい趣味ネタ。

ボードゲーム

ボドゲことボードゲームレビュー12。ラミィキューブ。

閃き重視パズル系タイルゲーム。 1980年SDJ(ドイツ年間ゲーム大賞)。

ボドゲことボードゲームレビュー11。村の人生。

まさに揺りかごから墓場までの村人生ワーカープレイスメント。 積極的に墓場に入りましょう。 2012年DSP(ドイツゲーム大賞)。 2012年KDJ(ドイツ年間ゲーム大賞(エキスパート賞))。

ボドゲことボードゲームレビュー10。バルバロッサ。

カタン作者による超鉄板粘土ゲーム。

ボドゲことボードゲームレビュー9。それは俺の魚だ!。

見た目と裏腹に割りとガチな魚集めアブストラクト。

ボドゲことボードゲームレビュー8。花火。

空気を読んだ協力プレイで花火打ち上げ。 2013年SDJ(ドイツ年間ゲーム大賞)。

ボドゲことボードゲームレビュー7。クー。

短時間で遊べるお手軽暗殺ブラフゲーム。

ボドゲことボードゲームレビュー6。アンドールの伝説。

破格豪華コンポーネントのTRPG風協力型ファンタジー。 2013年KDJ(ドイツ年間ゲーム大賞(エキスパート賞)。

ボドゲことボードゲームレビュー5。バトルライン。

二人用最強カードゲーム。 ※続かなそうなので今回から簡易形式w

ドラゴンイヤー(In the Year of the Dragon)備忘録。

実際プレイしてみて抜けてたり、曖昧だったところ。 ルールを再確認しつつ、BGAとかでも体験してみた。 雇用がちょっと怪しいかも。

ボドゲことボードゲームレビュー4。十二季節の魔法使い。

ドミニオン以上にTCGライクな魔法カードバトル。

ボドゲことボードゲームレビュー3。スモールワールド。

「世界中どこだって 戦あり 滅び有り」 と聞き覚えのある感じの説明が書いてある、狭い世界でのタイル配置陣取りゲーム。 ロード・オブ・ザ・リングのようなファンタジー世界観です。

ボドゲことボードゲームレビュー2。カルカソンヌ。

ドミニオンはボドゲと言ってもカードゲームで、そういう意味でいくと初めて買ったボードゲームらしいボードゲームはこれ。 2001年SDJ(ドイツ年間ゲーム大賞)。 2001年DSP(ドイツゲーム大賞)。

突然のボドゲことボードゲームレビュー1。ドミニオン。

ボドゲを始めてざっくり1年くらい経ったのでなんとなくやってみる。 所持未所持関わらず、遊んだことあるものを簡単にざっくりと。 ということでとりあえずドミニオン。 2009年SDJ(ドイツ年間ゲーム大賞)。 2009年DSP(ドイツゲーム大賞)。

初アグリコラで分かりづらかったところ。

※11/09に追記 だいぶ身構えてたせいか思ってたよりルールは難しいとは感じなかったけど、何よりマニュアルの難度が高くて強烈に分かりづらく、少しプレイしてみて途中で引っかかって気づいたところを備忘も兼ねてまとめてみる。 マニュアルだけじゃなくいろ…