Yukix-Weblog

気まぐれな雑記・駄文。だいたい趣味ネタ。

突然のボドゲことボードゲームレビュー1。ドミニオン。

ボドゲを始めてざっくり1年くらい経ったのでなんとなくやってみる。
所持未所持関わらず、遊んだことあるものを簡単にざっくりと。
ということでとりあえずドミニオン


2009年SDJ(ドイツ年間ゲーム大賞)。
2009年DSP(ドイツゲーム大賞)。

概要

TCGベースのデッキ構築カードゲーム。
といってもTCGのように実際にカードを買うのではなく、ゲーム中に場のカードから地道にデッキをこしらえていくゲーム。
最終的には勝利点を多く獲得した方が勝ち。
勝利点もカードなので、勝利点カードを早く獲得出来るようなデッキを作っていく。

ゲーム情報

システム

デッキ構築。カード。

人数・時間

2~4人。30分くらい。

作者・発売

Donald X. Vaccarino。2008年。

難易度

普通。

対象

2〜4人。30分くらい。
簡単、とは言いがたいけど初心者でも問題無いと思う。教えてもらうと早い。
カードをやりくりするタイプのゲームが好きな人にオススメ。
TCGやったことある人、好きな人にはとてもオススメ。
2人がベストっていう説も。

流れ

準備

場には10種類のアクションカード、財宝カード(お金)、勝利点カードとかを用意する。
ルールにしたがった量の財宝カードを手札として配る。

アクション

手札から1枚アクションカードを出す。
アクションカードは、デッキからカードがひけたり、さらにアクションが出来たり、買い物回数が増えたり、相手の邪魔をしたり色々。

買い物

手札から金貨カードを出すことで、出した金額に見合った場にあるカードを買える。
買えるカードにはもちろん財宝カードも含まれる。買ったカードは捨て札に。

捨てる

残った手札を全部捨てて、デッキから5枚引く。
5枚足りなかった場合は、捨て札をシャッフルしてデッキを作る。

つまり、ターン進行を繰り返すことでデッキがどんどん分厚くなっていき、財宝カードも買うのでお金も増えていく。
特定の勝利点カードが全部買われるか、場のカードの山のうち3つがなくなった時点で終了で、勝利点の合計で勝負する。

10点満点評価・感想


点数についてはこちら。
ボドゲレビュー時の点数について。 - Yukix-Weblog

とてもリプレイ性が高くて面白いしコスパも良い。
アクションカードの種類がたくさんあるんだけどうまいことバランスもとれてる。
難しいこと考えなくても勝手にコンボが生まれたりするのも、手軽なTCG感があって良い感じ。
どうしてもソロゲー感は出てしまうけど、それもまたいいところだと思う。
拡張もたくさん出てる。

参考

サイト

ドミニオン(Dominion)日本語版

ドミニオン 日本語版

ドミニオン 日本語版

動画