Yukix-Weblog

気まぐれな雑記・駄文。だいたい趣味ネタ。

ボドゲことボードゲームレビュー6。アンドールの伝説。

破格豪華コンポーネントTRPG風協力型ファンタジー。


2013年KDJ(ドイツ年間ゲーム大賞(エキスパート賞)。

ゲーム情報

システム

エリア移動。協力。ダイス。

人数・時間

2~4人。75分くらい。

作者・発売

Michael Menzel。2012年。

難易度

やや複雑。

ゲーム概要

ファンタジー色満点のシナリオが書いてある物語カードを読み進め、それに合わせて手駒を進めていき、提示された目標をみんなで協力して達成するゲーム。
目標は敵の撃破だったり、城守ったり、宝石集めたりいろいろ。

プレイ風景

f:id:yukix7:20140123025825j:plain

10点満点評価・感想


点数についてはこちら。
ボドゲレビュー時の点数について。 - Yukix-Weblog

まずコンポーネントがやたら豪華。それでいて値段も安めなのでコスパ的には凄いと思う。
豪華すぎてプレイ準備が大(ry
プレイ面では、皆好きなだけ動けるわけじゃなく、1日に動ける上限や、そもそもミッションに対して制限日数があったりするので、無駄な動きをしたらあっさり詰んだりする。
そんなこともあって割りと難易度は高めかと思うので、早々完全クリアに至らないと思う。(ので、すぐ終わっちゃってやらなくなる、というのは大丈夫かと思われ
また、プレイヤーごとに職業や装備品、ステータスのパラメータもあるので、そのあたりをうまく相談しながら組み合わせて、時にはダイス運に頼りつつシナリオをクリアしていく感じは、きっとTRPGっぽい(TRPG未経験のためイメージ)。
ファンタジーででっかいボードを広げて皆で進む感じはかなり良いので、そういう雰囲気が好きな人にはおすすめかと思います。

アンドールの伝説 完全日本語版

アンドールの伝説 完全日本語版