読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukix-Weblog

気まぐれな雑記・駄文。だいたい趣味ネタ。

ボドゲことボードゲームレビュー8。花火。

ボードゲーム

空気を読んだ協力プレイで花火打ち上げ。


2013年SDJ(ドイツ年間ゲーム大賞)。

ゲーム情報

システム

記憶。セットコレクション。協力。カード。

人数・時間

2~5人。25分くらい。

作者・発売

Antoine Bauza。2011年。

難易度

普通。

ゲーム概要

自分は見ることが出来ない手札(他の人のものは見える)を元に、お互い手札のヒントを出しあいながら、なるべく失敗しないように各色の花火を打ち上げることを目指すゲーム。

プレイ風景

f:id:yukix7:20140223171354j:plain

10点満点評価・感想


点数についてはこちら。
ボドゲレビュー時の点数について。 - Yukix-Weblog

SDJでは比較的珍しい小箱かつカードゲーム。なのでもちろん安いし手に入りやすい。
なんとなく勝手なイメージでなんか軽そうだしどうなのかなーと思ってたけど、さすがSDJだけあったのかそんなこともなかった。
花火カードには色と数字があって、打ち上げる(場にプレイする)時は同じ色でなおかつ順番に(昇順)打ち上げないといけないので、見えない手札をきっちり把握させる必要がある。(自分としては把握出来るように推理しないといけない)。
ヒントは、手札の一つの色のカードを全て教えるか、一つの数字のカードを全て教えるかのどっちかなので、場合によっては余計な情報になって混乱させてしまうことになるし、ヒントを出す回数にも制限があるため、できれば一回のヒントでたくさんの情報を伝えたいというのが結構悩ましい。
良くも悪くもこのヒントのさじ加減はハウスルール的に調整可能なので、まずはわかりやすくやってみて、慣れたらシビアにやるといいのかもしれない。
花火を打ち上げるという割にあまり派手さのないプレイ感と、ほとんど花火を打ち上げてる感がないのがちょっと気になるところだけど、それ以外は非常に良いゲームだと思う。

HANABI (花火) 多言語版

HANABI (花火) 多言語版