読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukix-Weblog

気まぐれな雑記・駄文。だいたい趣味ネタ。

ボドゲことボードゲームレビュー26。イスタンブール。

助手を派遣しつつ回収しつつとにかくルビー集めるぞ。

2014年KDJ(ドイツ年間ゲーム大賞(エキスパート賞))。

ゲーム情報

システム

ピックアンドデリバー。ダイスロール。

人数・時間

2~5人。40分~60分くらい。

作者・発売

Rüdiger Dorn。2014年。

難易度

普通。若干難しい程度。

プレイ風景

f:id:yukix7:20141223172721j:plain

10点満点評価・感想

f:id:yukix7:20141007235729g:plain
点数についてはこちら。
ボドゲレビュー時の点数について。 - Yukix-Weblog


プレイヤーは商人となって助手を連れて歩きまわって、色んな方法でルビーを集めるゲーム。
移動先のタイルには各種アクションがあって、そこで資源を得たりお金を得たり色々やりつつ進めていく。
移動先のタイルに助手がいない場合は助手を配備し、すでにいる場合はその助手を回収していくという変わった動きをするゲーム。
逆に助手を引き連れていないとアクションは何も出来ないし、移動は左右のタイルに1~2タイルずつしか移動できない上に、引き連れてる助手の数は限られてるので、適当に移動するとかなり効率悪く助手を広げてしまうので、そこを考えなら動くのがこのゲームの楽しいところ。
一応バラバラになった助手を全員集合させるタイルはあるものの、なるべく無駄アクションは避けたいところ。
作者にちなんでドーン歩きと呼ばれるシステムらしいけど、他にやったことなかったこともあってかなり斬新なプレイ感を得られるし、エキスパート部門受賞作品とはいえ結構簡単な部類な上にプレイ時間もそんなに長くないので、多少軽いゲームをやった人にもおすすめです。
二人でやっても個人的には普通に面白いですし、何よりもボードがモジュール形式なので、ランダムに配置すれば無限に遊べます。


イスタンブール 日本語版

イスタンブール 日本語版