読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yukix-Weblog

気まぐれな雑記・駄文。だいたい趣味ネタ。

ボドゲことボードゲームレビュー2。カルカソンヌ。

ボードゲーム

ドミニオンボドゲと言ってもカードゲームで、そういう意味でいくと初めて買ったボードゲームらしいボードゲームはこれ。


2001年SDJ(ドイツ年間ゲーム大賞)。
2001年DSP(ドイツゲーム大賞)。

概要

タイル配置ゲーム。
シャッフルしたタイルの山から順番にタイルを取って、既に置いてあるタイルの絵面に矛盾がないようにつなげていく。
プレイヤーはミープルという駒をいくつか持っているので、それでどこが自分の陣地かを明らかにしつつ得点を競うゲーム。
簡単です。

ゲーム情報

システム

陣取り。タイル配置。

人数・時間

2~5人。45分くらい。

作者・発売

Klaus-Jürgen Wrede。2000年。

難易度

簡単。

対象

2〜5人。30分~1時間くらい。
ルールはシンプルだけど悩ましい余地はしっかりあるので初心者にとてつもなくオススメ。
誰にでもオススメ出来ます。
二人だとガチ、多いと結構カオスにもなります。

流れ

準備

プレイヤーに人型駒のミープルを決まった数配る。
スタートタイルを場に出す。

タイルとる

タイルの山から一枚とります。

タイル置く

とったタイルを、場に出ているタイルのどれかに、辺と辺でくっつくように置きます。
ただ、絵面に矛盾がないようにくっつけないといけない。

ミープルを置いてもいい

今置いたタイルの道、都市、教会、草原に手持ちのミープルを置けます。
ただし、タイルのつながった先に既にミープルがいたら置けません。

基本はタイルをとって置いてミープルを置く(or置かない)だけ。
草原以外のミープルがおける場所は、完成するとそのミープルを回収することができて、同時に規模に応じて得点を得ます。
タイルの置き方によっては結果的に同じ道や都市に複数のミープルが存在することがあり、その場合は1番多い人(同じ数の人が複数いる場合は該当者全員)に得点が入ります。
タイルが全部なくなった終了。
未完成の場所や草原は最後に得点に。

10点満点評価・感想


   ↑コレがミープルです
点数についてはこちら。
ボドゲレビュー時の点数について。 - Yukix-Weblog

簡単かつ奥深く鉄板です。
ボドゲまったくやらない知り合いしかいない場で出して不評だったことがないです。
プレイ感はとても軽いですが、ガッツリやろうと思えば、相手が作りにくいように、かつ自分が作りやすいように配置を意識しつつ、ちゃっかり草原に置きながら、相手の都市にも相乗りしつつ。。などと考えどころは多いです。